登山の基礎知識

親子登山デビュー【超初心者向け│子連れで安心おすすめの山は?】関東・東海

こんにちは!親子で登山を楽しんでいる「はちひろ(@hatihiro1603)です!

いよいよ親子で登山デビューしたいがどの山に登ればいいかわからない。

子連れでも安心安全なおすすめの山を教えて欲しい!

こういう悩みはないでしょうか?

 

すごくよくわかります。

僕も初めての子供と登山しようと思った時、雑誌やネットを調べまくってました。

しかしなかなかピッタリの山がヒットしないんですよね。

 

そこで本記事は

「親子登山デビュー【超初心者向け│子連れで安心おすすめの山は?】関東・東海」

と題して、超初心者でも子連れで安心して登れる山を、関東地方と東海地方で1つずつ紹介したいと思います。

親子(子連れ)で登ることを前提に、超初心者向けに書いてます。

親子登山の始め方はこちらに詳しく書いています↓

【親子登山の始め方】基礎知識・魅力・装備・おすすめの山など│登山歴5年が解説はちひろLABOが【親子で登山を楽しむためのSTEP】を丁寧に答えます。登山初心者でも本記事を読めば親子で登山が楽しめるようになります。...

親子登山ならではの心配なポイント

まず親子登山ならではの心配なポイントを箇条書きにして載せておきます。

このポイントをクリアしている山は、親子登山デビューにふさわしい山といってもいいのではないでしょうか?

 

トイレが確保されている

あまり歩かなくてもいい

迷う心配がない

危ない箇所がない

ロープウエイなどで楽チン登山したい

ベンチやテーブルがあるとうれしい

水の心配がない

クマなど危険な動物が出ないところ

どんなコースか事前に知ることが出来ると安心

 

思いつくまま書いてみましたがどうでしょう?

ひょっとして他にも気になるポイントがありますか?

 

結論から言って、これらを全部クリアしている山はあります

ぜひ参考にしていただき、親子登山デビューを果たしてみてください。

関東地方【子連れで安心おすすめの山】筑波山

筑波山景色筑波山山頂からの眺め

まず関東地方の【子連れでも安心して登れるおすすめの山】を紹介します。

それは関東平野にドン!と構える茨木県の山、【筑波山(つくばやま)】です。

筑波山のデータを簡単に紹介します。

標高 877m
おすすめコース ケーブルカーコース
トイレ ケーブルカー山頂駅横にあり
レストラン 同上
歩く時間 30分~1時間(全工程)
ベンチ・テーブル 多数あり
景色 サイコー!
危険箇所 ほぼなし
道迷いの心配 ほぼなし
おすすめポイント 親子ならではの心配ポイントをすべてクリアしているところ。
実際はケーブルカーで一気に標高800mまで登り(約8分)実際に歩く時間はほとんどない。
小さいお子さんもたくさん来ている安全安心な山です。

※危険箇所や道迷いの心配は「ほぼなし」と書いておりますが、すごく明瞭な登山道を歩いていればという前提です。
登山道からそれて行ってしまうと、自然の山の中なので危険が全くないとは言えません。
ご了承くださいm(_ _)m

筑波山は日本百名山にも選ばれています。

すごく有名な山です。

筑波山筑波山の眺め
筑波山登山道筑波山:登山道

ケーブルカーを利用するため、登山というよりハイキングよりですが、親子登山デビューとしてちょうどいい山といってもいいのではないでしょうか?

詳しくは別記事で紹介したいと思います。

こちらの記事で必要な道具、あったら便利な道具について書いています↓

 

東海地方【子連れで安心おすすめの山】御在所岳

御在所の眺め御在所岳の眺め

続きまして東海地方の【子連れでも安心して登れるおすすめの山】を紹介します。

三重県の鈴鹿山脈にある7つの山、「鈴鹿セブンマウンテン」の主峰【御在所岳(ございしょだけ)】です。

御在所岳のデータを簡単に紹介します。

標高 1212m
おすすめコース ロープウエイコース
トイレ ロープウエイ山頂駅横にあり
ほか多数あり
レストラン 同上(1箇所)
歩く時間 30分~1時間(全工程)
ベンチ・テーブル 多数あり
景色 サイコー!
危険箇所 ほぼなし
道迷いの心配 ほぼなし
おすすめポイント 親子ならではの心配ポイントをすべてクリアしているところ。
実際はロープウエイで一気に標高1200mまで登り(約15分)実際に歩く時間はほとんどない。
小さいお子さんもたくさん来ている安全安心な山です。

※危険箇所や道迷いの心配は「ほぼなし」と書いておりますが、すごく明瞭な登山道を歩いていればという前提です。
登山道からそれて行ってしまうと、自然の山の中なので危険が全くないとは言えません。
ご了承くださいm(_ _)m

筑波山とほとんど条件が同じです。

御在所岳はロープウエイを降りたら観光地のようになっており、レストランの建物や公園が整備されています。

そこから山頂までは一旦少しだけ下って、また登ることになります。

芝生の上を歩いていくので登山というよりハイキングですね(^_^;)

御在所岳御在所岳:山頂への道
御在所岳山頂からの眺め御在所岳:山頂からの眺め

親子登山デビューにはぴったりの山だと思います。

ちなみにロープウエイを使わずに登ることもできます。

別記事で紹介しますが、7歳でも登れました。

少し登山に慣れてきたら挑戦してみるのもいいかもしれません!

 

こちらの記事で必要な道具、あったら便利な道具について書いています↓

 

親子登山デビュー【超初心者向け│子連れで安心おすすめの山は?】まとめ

親子登山デビューにふさわしい超初心者向けの山を紹介しました。

まとめますと

関東地方は筑波山(つくばやま)

東海地方は御在所岳(ございしょだけ)

ケーブルカーやロープウエイで楽チン

道迷い、危険箇所ほぼなし

トイレもレストランも完備!

 

となりました。

いかがでしょうか?

このくらいなら行ってみようかな。と思えたでしょうか?

参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
m(_ _)m

こちらもおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です