仕事の知識

【ISO9001】を取得するメリットやデメリットは?

ISO9001を取得するのはいいけれど、どんなメリットがあるのだろうか?

もしかしたらデメリットもあるかもしれない?

事務作業が膨大にふくれあがり書類が増えるって聞いたけどホント?

ISO9001取得によるメリットやデメリットを教えてほしい。

本記事はこのような疑問にお答えします。

 

 

はじめまして「はちひろ」と申します。

本記事を書いている私の経歴ですが、

勤めている会社のISO9001の立ち上げメンバーであり、以降6年以上ISO推進委員しております。

現在はISO副管理責任者の立場にあります。

 

はちひろ
はちひろ
よろしくお願いします。

 

ISO9001を取得することによるメリットやデメリットをわかりやすく紹介したいと思います。

 

ISO9001とは?基本知識や取得のねらいなど

まずISO9001について基本的なところを押さえておきましょう。

ここをきちんと理解しておくことが、この先のメリットやデメリットを理解しておくうえで大切になってきます。

 

ISO9001とは、

品質の管理体制(マネジメント)を継続的に改善するしくみ(システム)のことです。

 

はちひろ
はちひろ
少しわかりづらい文章になってしまったけど、要するに仕組みづくりのことだよ。

 

ISO9001のねらいは、

作業の標準化とPDCAサイクルが重要な要素であり、顧客満足の向上と業務効率化をねらいます。

略してQMS(品質に取り組むしくみ)と表します。

 

なぜ標準化をすすめるのか、

・品質のバラツキをおさえることで、リスクを低減させます。

・業務の効率化をねらいます。

ISO9001ついて詳しくはこちらの記事でも書いております。

【ISO9001取得】を目指す、基礎知識と体験談3つのポイントある日突然、 「ISO9001を取得するぞ、担当は君だ。」 と、急にISO推進委員に選ばれてしまった方。 何をすれば良...
はじめてのISO9001内部監査、事前準備や良い進め方は? ISO9001取得に向けてはじめての内部監査だけど、何をしたらよいのかわからない。 事前準備は必要か? どのような項...

 

実は私も、基本的なことを知らないまま、ISO立ち上げメンバーとして言われるがままに書類を作る毎日が始まりました。

 

理解するのに2年くらいかかったかもしれません。

何事もはじめが肝心。

あなたもISO9001の基礎知識はきちんと押さえておくとよいですよ!

 

はちひろ
はちひろ
ほんと、何も知らないままスタートしたから苦労しました。

 

ISO9001を取得するメリットは?

 

メリットを挙げればキリがないのですが、主なものは次の3つです。

・社会的な信頼が得られる

・作業の標準化が進む

・課題を見つめなおし、目標が立てやすくなる

 

1つずつ見ていきましょう。

 

メリット1・社会的な信頼が得られる

圧倒的なメリットとして「社会的な信頼が得られる」があります。

ISOは世界的にも浸透しており、取得していることが当たり前のようになってきております。

(ただし、ISOから離れ自社グループなどで厳しいマネジメントシステムを構築している企業も増えてきています)

 

ISO9001取得企業は、HPやパンフレット、名刺などにロゴマークなどを記載することができます。

それだけでも企業としての信頼感をしめすことになり、新しい仕事につながることもあります。

むしろISO取得企業でないと仕事を回さない、という企業もあるようです。

やはり社会的な信頼が得られるというのは大きなメリッでしょう。

 

メリット2・作業の標準化が進む

次のメリットとして作業の標準化が進みます。

ISOのシステムの中に作業標準化があるためです。

 

一つ一つの作業に手順書をつくり(紙媒体のものでなく、例えば動画などでもよい)同じ作業ならだれが行ってもできるようになります。

これは製造工程だけでなく、教育・訓練や書類の管理などさまざまなものに相当します。

「違う先輩に教えてもらったけど、人によって言っていることが違う・・・」

という事態もなくなるでしょう。

作業が標準化されると効率も上がります。

とくに製品を作っているような企業ではかなり効率が上がるでしょう。

誰かが休んだ時にもほかの人が同じように作業ができる状態になります。

(もちろんそこまでのレベルに達するには時間はかかります)

しかしISOを取得するということは作業の標準化が要求されているため、きちんとマネジメントシステムを回していればかならず作業標準化することができるでしょう。

はちひろ
はちひろ
ISO取得をゴールにしているとなかなか上手くいかないよ。全員で目的意識をもって有効なISOにしていこう!

メリット3・課題を見つめなおし、目標が立てやすくなる

毎年組織の課題を見つめなおす(レビュー)ことで、課題がはっきりし目標が立てやすくなります。

順序だてて説明します。

ISO9001に、4.1「組織およびその状況の理解」という項があります。

ここでは毎年組織の状況を見つめなおすことがうたわれています。

ここで大きな外部の課題と内部の課題を明確にします。

つぎに6.1「リスク及び機会への取り組み」という項で、

取り組むべき「リスク」と「機会(チャンス)」を決定し、取り組み方を計画します。

この際に4.4「品質マネジメントシステムおよびそのプロセス」の項で書かれている

 

プロセスアプローチ

 

が非常に重要なカギになってきます。

プロセスアプローチをしっかりと作りこんでおけば、目標を立てるのも簡単です。

どこにどんな問題があるのか

何を管理すればいいのか

この2つが一目瞭然にわかるようになっています。

 

はちひろ
はちひろ
もちろん「審査に受かるため」に急ごしらえで作ったようなものではうまくいかないこともあるよ。

 

以上3つのメリットについて説明しました。

次からはISO取得によるデメリットを挙げたいと思います。

 

ISO9001取得によるデメリットは?

ISO9001取得によるデメリットはもちろんあります。

やはり何事にも良い面、そうでない面があるからです。

デメリットは次の3つがあげられると思います。

・毎年審査を受けるため費用が掛かる

・維持のためISO推進委員や事務局などに大きな負担がかかる

・標準化による弊害もある

 

大きなものはこの3つです。

1つずつ見ていきましょう。

 

デメリット1・毎年審査を受けるため費用がかかる

毎年の審査でかなりのコストがかかります。

理由としては、ISOは第三者認証制度のため年1回の維持審査、3年に1回更新審査を受けなければなりません。

会社の規模と審査機関にもよりますが、毎年3ケタは必要でしょう。

ISOを取得するということはこれだけは避けては通れないこととなってます。

 

はちひろ
はちひろ
そこにお金使うならほかのとこに使って!と言いたくなる気持ちもわかる。

 

デメリット2・維持のために担当者に大きな負担がかかる

ISO推進委員を任命していることだと思いますが、担当者にかなりの負担がかかります。

とくにISO事務局でしょうか。

ISOのマネジメントシステムは2015年版になったいまでこそかなり緩くなりましたが、手順書や記録で証拠を残すシステムになってます。

例えば

教育を計画した証拠(教育訓練計画書)

教育が完了した証拠(教育訓練報告書)

のように1対の記録が必要になってきます。

(1枚で2つを兼ねている企業もあるかもしれません)

ひとつひとつの製品に対する記録(合格・不合格)や設備が確実に稼働していた証拠(点検票など)などたくさんの書類に囲まれることになるでしょう。

これをひとつひとつ管理するのが事務局の仕事です。

現場は提出して保管するだけですが、事務局は日付やサイン、承認のサインまできちんと管理しなければなりません。

こういった負担は確実に大きくなります。

 

デメリット3・標準化による弊害もある

作業を標準化することによって、一部の非常に有能な社員の個性を奪うことになることもあります。

この人だったら2倍のスピードでできたはずが、やり方を標準化したことによってスピードが遅くなってしまった。

こういうことは起こります。

 

しかし裏を返せば、その社員でないとできない作業があるということにつながります。

その人が休んだり退職した場合、困ることになってしまいます。

 

たしかに作業スピードが落ちてしまうのはデメリットですが、別の角度から見た場合はメリットとしてとらえることもできるのです。

はちひろ
はちひろ
品質に取り組むしくみはだれが作業しても同じような結果になることでばらつきを抑えます。

 

以上3つのデメリットを紹介しました。

 

まとめ

ISO9001取得によるメリット・デメリットをみてきました。

まとめますと

メリット

・社会的な信頼が得られる

・作業の標準化が進む

・課題を見つめなおし、目標が立てやすくなる

デメリット

・毎年審査を受けるために費用がかかる

・維持のためISO推進委員や事務局などに大きな負担がかかる

・標準化による弊害もある

 

メリットとデメリットを挙げましたが、きちんとISO9001を回している企業ほどメリットが大きく出ているように思えます。

実際に私の会社では残業がなくなりました。

作業員を適切な人数に増やしたり、設備に投資してもらったり。

ISOの活動を通じて会社と話し合ったからこそここまで結果を出すことができたと思います。

もしメリット、デメリットで悩んでいたのであればこの記事が参考になれば幸いです。

 

 

こちらもおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です