ブログ運営

【ワードプレス】をはじめてさわる、超初心者の始め方とは?

WordPress(ワードプレス)を始めたのはいいが、最初は何を設定したらいいのだろう?

テーマ?プラグイン?

記事を書くにはどうしたら?

ベテランに聞くのは恥ずかしいし、申し訳ない。

同じように始めたばかりの人に教えてもらいたい。

本記事はこのような疑問にお答えします。

はじめまして「はちひろ」と申します。

本記事を書いている私の経歴ですが、

2019年7月30日に
・Xサーバーで契約
・お名前.comでドメイン取得
・ワードプレス立ち上げ
・有料テーマJIN購入

2019年8月1日~2日に
必死に調べながら
・デザインを触る
・記事投稿画面を触る

2019年8月3日に
・記事を初投稿
・Twitterを1年ぶりに再開

今に至ります。

 

はちひろ
はちひろ
よろしくお願いします。

 

こんなWordPress(ワードプレス)を始めたばかりの私ですが、あなたと同じように始めたばかりですのでどんなところでつまづくのか、お気持ち察することができます。

WordPress(ワードプレス)を始めたばかりで、何をどのように設定したらいいのだろうという疑問に丁寧に説明したいと思います。

【ワードプレス始め方】初めにやるべきことは?

はじめにやるべき設定は

・外観テーマ
・プラグイン

の設定です。

何を始めるにしろ、まず土台(足場)をしっかり固めないと常に不安定な状態になるからです。

「外観テーマ」と「プラグイン」をきちんと設定しておけば、記事を書くことに専念できると思います。

 

はちひろ
はちひろ
僕も早く記事を書こうとしたけど、きちんと土台を固めないとアレもコレも後から気になって書くことに集中できないよ。

 

それではくわしく見ていきましょう。

WordPress(ワードプレス)外観テーマの設定

まず「外観テーマ」を設定しましょう。

 

外観テーマとは「ブログのデザインそのもの」です。

これを始めに設定しておくことによって記事を書くことに集中できますよ!

 

↓たとえば私のブログのデザインはこのようになっています。

デカデカとしたサイトロゴにセンスが光ってますねえ。

画像はTOPページのものですが、今読んでくださっている記事のデザインも「外観テーマ」ですべて決まります。

さらに「見た目」だけでなく「機能」も外観テーマによって変わってきます。

今ではすっかりおなじみの

吹き出し」なんかもテーマによって装備されていたりされていなかったり。

 

はちひろ
はちひろ
吹き出しはこれのことだよ。

自分のブログの雰囲気は「外観テーマ」によって決まってくるんですね。

 

さて、「外観テーマ」はどうやって決めましょう?

ワードプレスの「ダッシュボード」画面から

 

「外観」→「テーマ」と進みます。

すると↓の画面になります。

私は有料テーマ「JIN」を購入しており、JINが表示されてますが、全く初めての場合はJIN以外の無料テーマのみ表示されているはずです。

こちらから好きなものを選び、「プレビュー」ボタンを押すと自分のブログがどのようになるか一目でわかる仕組みになってます。

 

はちひろ
はちひろ
プレビューしているだけなら何も起きないからどんどんプレビューしよう!

 

ここに表示されていないテーマを追加(インストール)したい場合は「新規追加」をクリック。

 

はちひろ
はちひろ
インストールと聞くとびっくりするかもしれないけど、テーマの一覧に増えるだけだから臆することなくインストールしてください。

 

インストールすることでテーマの一覧に表示されることになり、「プレビュー」や「有効化」することができるようになります。

 

テーマの名前がわかっているならば、検索ボックスに入力して検索すると出てきます。

 

もしJINを利用された場合こちらの記事も参考にしてください。

 

【ワードプレス】有料テーマJIN導入直後の簡単デザイン設定!有料テーマJINを購入したのはいいが、その後どうすればいいかわからない人に向けてわかりやすく書いてます。...

 

外観テーマについては以上です。

 

WordPress(ワードプレス)プラグイン設定について

ワードプレスを始めたら、初めに設定しておくべきおすすめのプラグインというものがあります。

わたしも始めたばかりなので有名ブロガーさんたちの記事を思いっきり参考にしました。

こちらの記事が非常に参考になりますので貼らせていただきます。

ヒトデさんのブログ

ひつじさんのブログ

 

わたしは全くこの通りにインストールしました。

これでプラグインの設定も完了になります。

 

たくさんの先輩方のブログを参考にすると

デザインを触るよりも記事を書こう!

と書かれており、早く記事を書きたいという気持ちもわかりますが「外観テーマ」と「最低限のプラグイン設定」は行うべきです。

 

きちんと最低限の設定のみ行っておきましょう。

 

【ワードプレス始め方】初めて記事を書くときは?

さあいよいよ記事を書きましょう!

記事の書き方ですが、次の2つに分けて説明します。

・初めて記事を書くとき戸惑う投稿画面のこと

・実際に記事を書く時の手順

 

ひとつずつ見ていきましょう!

はちひろ
はちひろ
記事投稿画面を初めて見たときは戸惑いしかなかったよ。

 

初めて記事を書くときに戸惑う投稿画面とは?

記事の投稿画面を見たとき、きっと戸惑うことになるでしょう。

実は最新のワードプレスは投稿画面について大きなアップデートがありました。

しかしほとんどのテーマがそのアップデートについていけてない状態にあります。

私が導入した「JIN」もそうでした。

そのため、JINのマニュアルにもこのように載っています。

JIN「WordPress5.0で旧エディター(Classic Editor)を使う方法

 

このプラグインは絶対に導入してください。

ほとんどの「記事 書き方」で検索したサイトは「旧エディター」の画面で説明されています。

こちらを導入して、諸先輩方のブログを参考に書き方を調べましょう。

次の項でも私が投稿するときの手順をていねいに説明しております。

 

実際に記事を書くときの手順

実際に書く時の手順を説明します。

手順がわかっているだけで記事を書くのが捗(はかど)りますよ。

全くはじめての方にもわかるように丁寧に説明していきたいと思います。

 

↓ダッシュボードの「投稿」→「新規追加」をクリックしましょう!

 

すると「記事の投稿画面」に移ります。

↓このような画面です。

説明する場所をピンクでかこって番号をふってみました。

順番に説明します。

①タイトル(記事の題名)の入力画面です

②記事に画像を入れたい時に使います

③AddQuickTagというプラグインを有効化すると表示されます
(吹き出しなどのコードを登録しておくとここから簡単に作成できます)

④見出しを付けるときに使います

⑤マーカーや四角にかこったりできます

⑥リンクを貼るときに使います

⑦基本「ビジュアル」で大丈夫です

⑧書くのをひと休みするときに使います

⑨書いてる途中のものがどのように表示されるか確認できます

⑩完成して、投稿するときに使います

⑪カテゴリにチェックします

⑫文字の入力画面です

 

長くなってしまいましたが各部の説明でした。

はちひろ
はちひろ
さらに詳しい説明は別の記事で紹介したいと思うよ。

 

はじめての【ワードプレス】記事の書き方をくわしく丁寧に解説します!ワードプレスで記事を書く際のエディタの使い方を説明しています。...

 

とにかく慣れるまで毎日でも記事を書くことが上達への早道です。

手順を覚えて慣れるまで書き続けましょう!

まとめ

 

ワードプレス初心者中の初心者の始め方とは?と題して一緒に見てきました。

まとめておきます。

 

まとめ

・外観テーマとプラグインを設定する

・絶対に「Classic Editor」をインストールする

・投稿画面に慣れるまで記事を書く

 

どんなひとでも最初は初心者です。

使い方もよくわかりません。

何度もトライすることでどんどん捗るようになっていくと思います。

お互い頑張りましょう!

 

こちらもおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です