キャンプ用品

スノーピークの【初心者用テント徹底比較!】4人家族向けエントリーシリーズの種類やスペック|自分に合うのはどれ?

スノーピークのエントリーモデル(初心者向け)テントって性能も良くてコスパも良いって聞いているけど、実際はどうなんだろう?どんな種類があって、自分に合っているものはどれだろうか?

「〇〇なあなたにはこれ!」という形で、分かりやすく比較して教えてほしい。

こういった疑問を持っている方多いです。2018年からスノーピークの初心者用テント・シェルターが一気に充実してきました。

選択肢が増えて自分に合うものを選ぶことができるようになった反面、失敗したくない!と迷ってしまっている方が多いのも事実。

そこで本記事ではキャンプ初心者でどのテントを買おうか迷っている方に向けてスノーピークのエントリーモデルを徹底比較し、どれを選べば失敗しないかをキャンプ歴5年の視点から解決します。

はちひろ
はちひろ
僕がキャンプを始めたとき(2015年)はスノーピークの初心者モデルはアメニティドームしかなかった(泣)

 

具体的には

  1. テントの選び方
  2. スノーピークの初心者用テントの種類
  3. それぞれのスペックを一覧表で徹底比較
  4. それぞれのメリットデメリット

の順番に紹介していきます。

10分くらいで読めますし、ご自分にピッタリのものが見つかる可能性が高いので、まずはご一読を!(目次をタップしてもらえば読みたいところから読めます)

 

結論から申し上げますと、設営のしやすさ・居住性・価格など総合的に考えるとエントリー2ルームエルフィールドをイチオシしています。

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥87,780
(2020/08/14 00:26:37時点 Amazon調べ-詳細)

 

本記事ではスノーピークの初心者用モデルのテントについて書いていますが、キャンプ用品全般についてコチラの記事で書いてます▼

【おすすめのキャンプ用品一式を一挙紹介】4人家族向け初心者必見!実際に使ったものを中心に71選|キャンプ歴5年が紹介!キャンプ歴5年の今だからこそ、キャンプ初心者の方におすすめ出来るキャンプ用品を紹介します。実際に使ったものを中心に全カテゴリを網羅してます。...

初めてのテントの選び方|形状や設営方法の違いを把握しよう

失敗しないテントの選び方は「テントの形状による特性をきちんと知っておくこと」から始まります。

テントの形状は大きく分けて次の3つです。

  1. ドーム型テント
  2. イモムシ型テント
  3. 2ルームテント
  4. ワンポール型テント

それぞれの設営方法や手軽さ・使い勝手など、詳しく解説していきますね。

ドーム型テントとは?|設営しやすく雨風に強い!

ドーム型テント(アメニティドーム)

ドーム型テントの一番の特徴は設営のしやすさが挙げられます。

テント自体が自立する(張り綱なしでも自立するタイプのテント)ので、安心して設営することができます。設営だけでいうと、間違いなく初心者におすすめNo1テントと言えるでしょう。

またドーム型テントはコンパクトに設計されているものが多く、天井が低いため風に強い特徴も持ちあわせています。

むすめちゃん
むすめちゃん
ドーム型の強みは「設営と耐久性」なんだね!

逆に言うとコンパクトで天井が低いため、テント内の居住性という点が弱点です。

立って歩くことができないため、普段からテント内で活動したい方は窮屈な思いをしてしまうでしょう。

主に寝る時しかテントを使わない方にとって最強のテントと言えるのではないでしょうか。

むすこくん
むすこくん
意外とテント内に引きこもってることって少ないよね。
外で思いっきり走り回ってるから!僕は寝る時しかテントにいないよ!

イモムシ型テントとは?|コンパクトながら広さと高さで使い勝手良し!

イモムシ型テントの特徴はコンパクトかつテント内の居住性の良さが挙げられます。イモムシ型テントは背の高いものが多く、テント内を立って歩くことができます。(室内高170cmくらい)。また、テント内の高さがほぼ一定なので、歩くたびに腰をかがめたりする必要がありません。

寝室(インナーテント)はリビング内の吊り下げるタイプが多いので、簡単に脱着できます。そのため寝るとき以外インナーテントを外しておけば、巨大なリビング空間として利用できます。

↑インナーテント装着時
↑インナーテント外した状態(広い)

 

むすめちゃん
むすめちゃん
イモムシ型の強みは「広さと使い勝手」なんだね!

 

イモムシ型テントの弱点をあえて書くならば、自立しないテント(張り綱で引っ張って立たせているタイプ)なので、設営に慣れが必要という点です。

ポールを通して片側をペグダウンし、テント自体を思いっきり引っ張りながら設営していくスタイル。設営の手軽さではドーム型テントに軍配が上がります。

むすこくん
むすこくん
でも2人で設営すればメチャクチャ楽だし、きれいに張ることができるよ。うちの場合はお父さん1人で設営してるから難しいというだけで・・・。

2ルームテントとは?|寝室とリビング一体型で居心地のいい居住空間が確保されている

出典:スノーピーク公式ページより

2ルームテントの特徴はテント内の居住性の良さです。寝室とリビング一体型でテント内はかなり広く、背もかなり高いです(200cmほど)。これだけ天井が高いと頭がつっかえることもないですし、腰をかがめることもありません。

しかしその反面、テント自体の重量と設営の手軽さという点で言うとドーム型テントやイモムシ型テントには及ばないです。そして価格の面ではどうしても高くなりがちです。

むすめちゃん
むすめちゃん
2ルームテントの強みは「テント内の居住性・居心地の良さ」なんだね

2ルームテントを体験してみると分かりますが、テント内の行動がすごく楽しくなります。ご飯作るのも楽、テント内でくつろぐのも楽、風が吹いても気にならない、雨が降っても楽しめる。そんないいことづくめが2ルームテントの特徴です。

ワンポール型テントの特徴|設営簡単でおしゃれに決まる!

出典:テンマクデザイン

2020年現在スノーピークからワンポール型テントはラインナップされてませんが、ワンポール型テントの特徴はコンパクトで設営簡単、お洒落で目立ちインスタ映えする点が挙げられます。

一人で設営できるし、区画サイトにもすっぽり収まるし、中は快適に使えるしメリット多いです。気になるところを上げると、三角形なのでどうしてもテント内は中心が居住性良く、外側に行くにつれてかがまなければならない点が挙げられますね。

お洒落でインスタ映えを目指すならワンポール型のテントがおすすめですよ!

【スペック比較】スノーピークの初心者用テント全種類

スノーピークからリリースされている初心者用テント・シェルターは全部で4種類。

  1. アメニティドーム
  2. エントリーパックTT
  3. エントリーパックTS
  4. エントリー2ルームエルフィールド

それぞれの特徴をわかりやすく表でまとめました。

アメニティドームM エントリーパックTT エントリーパックTS エントリー2ルームエルフィールド
タイプ ドーム型 イモムシ型
+タープ
ドーム型
+シェルター
2ルームテント
設営しやすさ ◎◎◎ ◎◎
強風への強さ ◎◎◎ ◎◎
雨への強さ ◎◎ ◎◎ ◎◎ ◎◎
居住性 ◎◎ ◎◎◎
コスパ ◎◎◎ ◎◎◎ ◎◎◎
おすすめ度 ★★★★★ ★★★★★ ★★☆☆☆ ★★★★★
はちひろ
はちひろ
これからキャンプを始めるならエントリーパックTTかエントリー2ルームエルフィールドがおすすめだね。
予算を考えるとアメニティドームMから始めるのもあり。僕もアメニティドームMでキャンプデビューして5年以上使ってます。

 

それぞれの詳しい特徴とスペックを一覧表にして比較します。

商品名 定価(税別) サイズ 重量 収納サイズ 対応人数 室内高 フライ耐水圧 セット内容
アメニティドームM ¥36.800 505x280x150(h)cm 8kg 74x22x25(h)cm 5名 150cm 1.800ミニマム テント本体、本体フレーム長(×3)、前室フレーム(×1)、ジュラルミンペグ(17cm×18)、自在付ロープ(1.4m×2、2.5m×2、2又5m×2)、リペアパイプ、キャリーバッグ、フレームケース、ペグケース
エントリーパックTT ¥49.800 1640x780x280(h)cm
(タープ含む)
テント7.9kg
タープ7.9kg
テント66x25x25(h)cm
タープ80x17x19(h)cm
4名 170cm 1.800ミニマム [テント]テント本体、フレーム長(×1)、フレーム短(×2)、ジュラルミンペグ(×24)、自在付ロープ(3.0m×4、2.5m×8)、リペアパイプ(×1)、キャリーバッグ、フレームケース、ペグケース
[タープ]セット内容/タープ本体、コネクションテープ、スチールポール(280cm、240cm)、スチールペグ30(×8)、自在付ロープ(二又用10m×2、3m×2、2m×2) 、キャリーバッグ、ポールケース、ペグケース
エントリーパックTS ¥110.000 735x390x220(h)cm
シェルター含む
テント8kg
シェルター12kg
テント74x22x25(h)cm
シェルター77x27x31(h)cm
テント5名
シェルター4名
テント150cm
シェルター220cm
1.800ミニマム [テント]テント本体、本体フレーム長(×3)、前室フレーム(×1)、ジュラルミンペグ(17cm×18)、自在付ロープ(1.4m×2、2.5m×2、2又5m×2)、リペアパイプ、キャリーバッグ、フレームケース、ペグケース
[シェルター] 本体、ルーフシート、メインフレーム(×2)、バイザーフレーム(×2)、ジュラルミンペグ(21cm×20)、自在付ロープ(3.5m×4、2.5m×8)、キャリーバッグ、フレームケース、ペグケース
エントリー2ルームエルフィールド ¥79.800 600x380x210(h)cm 15.5kg 83x30x34(h)cm 4名 200cm 1.800ミニマム 本体、インナールーム、ルーフシート、フ レーム長(×1)、フレーム中(×2)、フレーム短(×1)、 リッジポール(×1)、ジュラルミンペグ(21cm×22)、自在 付ロープ(2.5m×8、1.5m×8)、キャリーバッグ、フレーム ケース、ペグケース

 

ここまでをまとめると

となってます。

はちひろ
はちひろ
エントリー2ルームエルフィールドですが、上位モデル「ランドロック」の半額なのにサイズはほぼ一緒。スノーピーク製なので高品質で安心なコスパ良いモデルなのです。

僕がキャンプ始めた時にこれがあったら、(ノД`)シクシク

【個別紹介】スノーピーク初心者モデルメリットデメリット

ここからはそれぞれ個別におすすめポイントや気になるポイントを紹介していきます。

僕は実際にアメニティドームとエントリーパックTTを所有しているので、その2つを徹底的に比較した記事を書いてます。よかったら読んでみてください。

【アメニティドーム・エントリーパックTT徹底比較!】評判通りの実力!実際に購入した私が解説!はちひろLABOが【アメニティ―ドーム】と【エントリーパックTT】を徹底的に比較します!両方所有しているからこそ説得力があると思っています!...

スノーピーク アメニティドームM

言わずとしれたスノーピークを代表するテント【アメニティドーム】。
今でこそ【エントリー2ルームエルフィールド】や【エントリーパックTT】と新しくラインナップされた初心者用モデルが台頭してきてますが、僕はアメニティドームこそスノーピークを代表するテントだと思っています。

おすすめポイント

  • コンパクト設計なのに広い寝室(4畳半)
  • 雨にも風にも強いシルエット
  • 設営が超簡単で楽ちん(1人で楽勝)

気になるところ

  • 天井が低く窮屈
  • 人気すぎて他の人とかぶる可能性大(しかし今は少しずつ減ってきた)
  • 冬用に設計されてないので冬は寒い

僕の場合使い慣れているということもありますが、今までたくさんテントを買ったのに結局アメニティドームに戻ってます(笑)。うちは僕と小学生2人の3人でキャンプすることが多いのでちょうどいい大きさだからかもしれません。

しかし、やはりあの設営の簡単さ、強風が吹いてもビクともしない構造と安心感、やっぱりアメニティドームはいいテントです。

アメニティドームについてレビューしていますのでこちらも参考にしてください。

【アメニティドーム徹底レビュー!】スノーピークのド定番!失敗しない!初心者向け最強テントはちひろLABOが【スノーピークアメニティドーム】について徹底レビューします!結論:初心者向け最強テントでした!...
created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥40,480
(2020/08/14 17:03:41時点 Amazon調べ-詳細)

スノーピーク エントリーパックTT

僕がキャンプを始めた5年前にはまだなかったスノーピーク【エントリーパックTT】。

イモムシ型のテント「ヴォールト」に「アメニティタープヘキサL」がセットになったコスパ最強モデル【テント+タープセット】。

おすすめポイント

  • 高品質のテントとタープがセットになって税抜き5万円以下
  • 前室がかなり広く高さ170cmあり開放的
  • タープだけでなくポールも付いてる親切モデル
  • 意外と1人でも設営できるお手軽設計

気になるところ

  • 横風に若干弱い印象
  • 寝室内にランタンを吊り下げるフックがない
  • 設営時のペグダウン箇所が多い

前室の居住性はアメニティドームでキャンプばかりしていた僕にはとっても新鮮でした。170㎝と天井も高くアメニティドームより楽で良いです。さらにタープセットモデルなので、まだタープを持ってない方におすすめできます!

実際に購入してレビューしてますので、こちらも参考にしてください。

【エントリーパックTT徹底レビュー!】初心者向けコスパ最強!絶対損しないテントタープセット!はちひろLABOが【スノーピークエントリーパックTT】について徹底レビューします!結論:初心者向けコスパ最強!迷ったらこれで間違いないテント・タープセットでした!...
created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥53,000
(2020/08/14 06:31:50時点 Amazon調べ-詳細)

スノーピーク エントリー2ルームエルフィールド

今現在のスノーピーク製テントでイチ押しできる【エントリー2ルームエルフィールド】です。

僕がキャンプ始めた時に発売していて欲しかった。それくらい今からキャンプを始める方に超イチオシ出来るんです。

おすすめポイント

  • テント内は立って歩いても問題無い(高さ210cm)
  • 初心者キャンパーにとって必要十分“以上”のスペック
  • 季節を問わず自然の移り変わりを感じることができる
  • 同サイズの2ルームテントのなかで手の届きやすい価格帯(税抜き8万円以下)

気になるところ

  • 大きいため1人設営は大変(奥さんが来ない日は大変かも)
  • 寝室側にスカートがない
  • 吊り下げ式のインナーにペグダウン必要

初心者用モデルとしてスノーピークの本気を見れるスペックと価格帯。スノーピークにはランドロックという上位モデルもありますが、ほぼ同じ大きさで半額以下まで抑えているところに注目していただきたい。

春夏秋冬4シーズンキャンプを楽しみたい方、テント内で自由に動きたい方、窮屈な思いをしたくない方に、とってもおすすめです。

はちひろ
はちひろ
はっきりと言っておきます。絶対に2ルームテントが欲しくなる時が来ます。僕は欲しくなってます(泣)
created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥87,780
(2020/08/14 00:26:37時点 Amazon調べ-詳細)

スノーピーク エントリーパックTS

個人的にはあまりおすすめ出来ないモデル【エントリーパックTS】です。アメニティドームM+メッシュシェルターがセットになったモデルなのですが、それぞれ単品で買うと

アメニティドームM:¥36.800
メッシュシェルター:¥79.800
の合計¥116.600(税抜き)です。

エントリーパックTSは¥110.000ですから¥6.600しかお値打ちになってません

これならば、メッシュシェルターと同額で買うことができるエントリー2ルームエルフィールドのほうがいいのではないかな?というのが僕個人の感想です。

おすすめポイント

  • メッシュパネルが多く開放的です。
  • 風が通しがいいです。
  • フレーム数が少なく簡単に設営できます。

気になるところ

  • コスパ的にお買い得感がない。(コスパ悪い)
  • メッシュシェルター単体と同額のエントリー2ルームエルフィールドが引き立ってしまう

やはりエントリーパックTSはあまりおすすめ出来ない結果となりました。リビング空間をかなり広めにとりたい方は検討してみてもいいかもしれません。

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥121,000
(2020/08/14 10:16:23時点 Amazon調べ-詳細)

スノーピーク初心者用テント4種類|まとめ

スノーピークの初心者用エントリーモデル4つを紹介しました。

まとめますと

アメニティドームM エントリーパックTT エントリーパックTS エントリー2ルームエルフィールド
タイプ ドーム型 イモムシ型
+タープ
ドーム型
+シェルター
2ルームテント
設営しやすさ ◎◎◎ ◎◎
強風への強さ ◎◎◎ ◎◎
雨への強さ ◎◎ ◎◎ ◎◎ ◎◎
居住性 ◎◎ ◎◎◎
コスパ ◎◎◎ ◎◎◎ ◎◎◎
おすすめ度 ★★★★★ ★★★★★ ★★☆☆☆ ★★★★★

 

はちひろ
はちひろ
設営がしやすくて、強風や雨でもへっちゃらな高品質なテントをコスパ良く手に入れたい。一人設営の場面が多いかも。
→アメニティドーム
むすこくん
むすこくん
そこそこ居住性も良く、タープも一緒に購入したい。
→エントリーパックTT
むすめちゃん
むすめちゃん
多少お金はかかるけど居住性が優先順位第一位。どうせ2ルーム欲しくなるから最初から買っておきたい。ランドロックの半額ってなんて魅力的なの!?
→エントリー2ルームエルフィールド

こんな結果になりました。
キャンプでいい思い出を作ろうと思ったらキャンプに行くしかありません。キャンプを繰り返すうちにスキルも上がってきて、思っていることができるようになってきます。

そのためのとっかかりのテントとしてスノーピークは間違いないです。

 

みなさんのキャンプライフが素敵なものになりますように。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
m(_ _)m

 

【おすすめのキャンプ用品一式を一挙紹介】4人家族向け初心者必見!実際に使ったものを中心に71選|キャンプ歴5年が紹介!キャンプ歴5年の今だからこそ、キャンプ初心者の方におすすめ出来るキャンプ用品を紹介します。実際に使ったものを中心に全カテゴリを網羅してます。...
created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥40,480
(2020/08/14 17:03:41時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥53,000
(2020/08/14 06:31:50時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥87,780
(2020/08/14 00:26:37時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

こちらもおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です